BLOG

息子のイライラ

こんにちは。ゆうこ先生です。

今日は、小学1年生の息子のことを書こうと思います。


私は子どもが3人いて、年齢は上から小3、小1、3歳です。
ちなみに性別は女、男、女。

小1の息子は、上下女の子に挟まれた真ん中っ子。


きょうだいの中では上の子ともケンカするし、下の子とも張り合うし、男の子だからか甘えん坊だしよく泣くしで、一番忙しい子です^^;


そんな彼、癇癪(かんしゃく)持ちくんなんです。

あまり型にはめるのは好きじゃないのですが、一般的にいうとそういう性質を持っています。

そんな息子のエピソードと、癇癪を起した時の対応についてお話します。


癇癪は突然起こります。

うまくいかなかった時、欲求が通らなかった時、思いがけずミスした時、時間がなくて焦っている時、状況は様々です。


例えば、さっきまで使っていたはずの鉛筆と消しゴムが見当たらないと…

「オレの鉛筆と消しゴムどこやった!?」

「ない、ない、なんでないんだよ~!!あ~、もうイライラする~!!」

「ママのバーカ、ママなんて…」

と暴言を言ったり、更にイライラが募ると物を投げて暴れたりします。


正直、バカとか直接否定的な言葉を言われると傷つくし
ムカっときます。(でも、このタイミングではいったん我慢する)


こういうスイッチが入った時に正面から向き合って対応すると、火に油です。。


例えば、
「そっか、ママはバカかぁ」と言ったとしたら
「イライラするから話しかけるな!」といった感じです^^;



なので、こういうスイッチが入った時は

まず


彼のイライラが移らないように、冷静を保ちつつ、イライラが収まるのを待つ

ようにしています。


ちゃんと話をするのは、彼が冷静に話を聞ける状態になってから。



そして、息子のイライラが落ち着いたらどんな話をするのか?
どのように伝えているのか?

が知りたい方いらっしゃいますか?


実は、近々癇癪持ちの子の対応、しつけで困っている方向けに簡単な講座を開催しようと思っています。

どんなことが知りたいか、ぜひ教えていただけると嬉しいです^^



今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます!
また更新します~!







Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
PAGE TOP