S.Kさん

ご相談前はどんなことに悩んでいましたか?

当初、自分自身はアサーティブコミュニケーションは出来ていると思い、

周りの悩んでいる人に伝えたいという思いがあったが、

今回の事を機に普段より自分の意識が内側へ向くことが多くなり、数日前から

自分自身もアサーティブコミュニケーションが出来ていないなぁ~と感じていた。

(特に身近な関係性の人と)

ご相談を受けて悩みや課題はどうなりましたか?

自分の考え方やコミュニケーションの癖みたいなものが話をしていて

再確認できた。

同じ癖?対応をしないために、どういうアクションを起こせばいいのかが具体的に理解できた。

まずは自分がしっかりアサーティブコミュニケーションを身につけて

次に必要としている人に伝えられる様になりたい。

得られた気づき、感想、良かった点など教えてください

身近な関係性の人であればあるほど、関係を拗らせたくない、気分を害したくないなどの気持ちが優先して、これを伝えると相手が嫌な気分になるかも・・と勝手に想像し、自分の思いに蓋をしてしまうことがよくある事に気づいた。

ゆうこ先生が「今はこの話は嫌なんだな~」と思ったら、時間をおいて今度話をしてみるとか・・・

みたいな再度チャレンジをするという方法を提案してくださった時に、

「もう1回・・タイミングをみて伝えてみる」という選択肢は自分の中には今までなかったという事にも気づいた。

「もう二度とそのことには触れない」的な・・・

封印してしまう感じの選択を今迄とっていたことが多かったかなと気づきました。

頑固な自分(心を閉ざしてしまう)傷つきたくない自分がいるということも。

気になった点や違和感、その他ご意見はありますか?

気になった点や違和感はありません。

最後の方で、ゆうこ先生から「できたら・・・」という弱い気持ちではなく

「是非・・・」という助言をいただいた時には、ハッとしました。ありがとうございました。

PAGE TOP
PAGE TOP