BLOG

「怒ってるのを見て安心しました」

こんにちは。ゆうこ先生です。


今日、あるお母さんに

「ゆうこ先生は(子どもに)怒らないのかと思ってた」

「怒ってるのを見て安心しました」

と、言われました。



いや、全然 怒りますよ(笑)

でも、そうおっしゃる気持ちは分かります。

怒ったあと、罪悪感を感じたり自己嫌悪しちゃうおかあさんって少なくないと思います。

以前は 私もそうでした。

怒ってしまった自分を責めていたし、怒ること自体が悪だと考えていました。

おそらく、今日声をかけてくれたおかあさんも
怒ることに対してネガティブに捉えていたのではないかなぁと思います。

(「怒ると叱るの違い」についてはいったん置いておき、この記事内では分かりやすいよう「怒る」と表記しますね)

でも、今は違います。



結論から言うと、私は


怒っていいと思ってます。



むしろ、

本当はイヤだと思っているのに我慢したり
イライラをこらえて笑顔を作る方がダメ

だと考えています。



なぜなら、子どももそうなってしまうからです。


子は親の鏡という言葉がありますが

おかあさんが子どもに対して
素直な気持ちを伝えていくことで、

子どもも素直な気持ちを伝えてくれるようになります。


だから、おかあさんだからって我慢しないで

イヤな時はイヤって言っていい。


あ!でも
伝え方や
伝える言葉は大事だから、
選んだ方がいいです!


そのお話は、また改めて書きますね。
文章にすると長くなりそうだから、動画に撮ろうかなぁ。


今日の記事の内容を、動画で詳しくお話ししています^^





今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
PAGE TOP