BLOG

「ごめんなさい」を言える子になってほしい?

こんにちは。ゆうこ先生です。


先日、保護者の方とのやりとりで

「最近子どもが反抗的になってきて、何でもイヤー!って言うんです」
「なかなか言うことを聞いてくれなくて困るのですが、最後にごめんなさいは絶対に言うように根気よく伝えていこうと思います」

と言われて、疑問に思ったことがあるので書いていこうと思います。


「ごめんなさい」を絶対に言わなきゃいけないのはどうして?


お母さんに反抗したから謝りなさいってことなのかな。
そもそも「イヤー!」の主張って「反抗」なのでしょうか?


お母さんの意見には「反抗」しているように見えるかもしれませんが、子どもは自分を主張しているだけなんです。



せっかくの提案を「イヤー!」って否定ばかりされたらムカつく気持ちも分かります。

でも、その「イヤ」は、決してあなたのことを否定しているわけではありません。



ただ自分を主張したいだけなんです。

子どもが自分で決めたいだけなんです。



だから、お母さんは子どもの「イヤ」に傷つかなくて良いし
ムカつかなくても良いんです。

だから、反抗されても謝らせなくても良いんじゃないかなって私は思うなぁ。



そう考えたら、反抗って、当たり前だよ。

子どもには子どもの意志があるし、お母さんにはお母さんの意志があるから。
それぞれ、親子だとしても違う人間のものです^^

むしろ、「反抗される」ということは、子どもが自分を自由に表現できているということなので、素敵なことですよ!!

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます!

★公式LINEにてブログ更新やイベントのお知らせを配信しています★

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
PAGE TOP