BLOG

ウチの夫はスーパーヒーロー

こんにちは。ゆうこ先生です。

最近(といっても、もうここ2か月くらい)
夫がすごく優しいです。

具体的には、まず家事をやってくれる。
朝は洗濯、お茶碗洗い、小学生の子どもたちの朝ごはん準備から始まり

仕事をして帰ってきたあとも
洗濯物を畳んでくれたり、夕食の後片付けをしたり。

あと、子どものお世話をしてくれる。
翌日の保育園の持ち物を準備する、子どもをお風呂に入れる、寝かしつける、など…。


本当に助かるし、ありがたいし、毎日感謝しています。


でも、はじめから今の状態になっていたわけではありません。


ウチは、私は保育士でパートとして働いていて、毎日7時半には家を出ます。

今のように夫が助けてくれるようになる前は
私が朝ひとりで早起きして、夫のお弁当とみんなの朝ごはんを準備してから
家族みんなを起こす。

家族4人なかなか起きないから、時間が押してしまい、私は朝ご飯を食べる時間がなくなる。

ほとんど何も食べずに、腹ペコのまま慌ただしく職場へと向かう。

そんな感じでした。


その時に比べて今の私は、朝、夫のお弁当を作るくらいしかやってないかも(笑)

夫が「朝ごはん食べていいよ、仕事に行く準備していいよ」って言って
お弁当を詰めるのさえ替わってくれたりします。

どうしてこんなに助けてもらえるようになったかと言うと

素直に助けを求めることができるようになったからです。


今思えば以前は、素直に「助けて」って言えてなかった。
「手伝って」って言ってたかも。

「手伝って」
って、前提が「自分の仕事」ってことじゃない?


私は
「家事はお母さんだけの仕事じゃない!みんなで分担してやるべきだ。」
とか言いつつ、

つい2か月前までは、無意識に「自分の仕事」だと思い込んでいたのかもしれない。

それまでは、夫も「家事育児はキホンお母さんの仕事」だと思っていたんだと思う。


全てをひとりでやるのは大変。自分の時間が欲しい。
今、どうしてもやりたいことがあるから。

って素直に言えたその時から、夫が全力で助けてくれるようになりました。


今は、夫に感謝することが、私の一番の仕事かもしれない。
いつも本当にありがとう!!



いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

公式LINEに登録すると、ブログ更新のお知らせや、ワークショップ開催のお知らせが届きます^^

Follow me!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
PAGE TOP